中原淳先生「キャリアの発達を通して実現できる人と社会の成長とは」

大ファンの中原淳先生のセミナー。

人事領域ではおそらく知らない人はいない中原先生の

キャリアに関する考え方を直接聞ける貴重な時間。

あー幸せなひととき、ありがとうございます!

中原先生の今日の言葉より。

自分が何者かって悩んでもいいけど

ちょっと考え方を変えてごらん

自分が何をするかが先で、自分が何者かは後

存在が明らかだから行動するわけじゃない

他者から感謝されることがあったら、自分がわかってくるよ

一度自分が何者かわかったとして、それはどうせ変わる

何が自分の仕事人生につながるかなんてわからない

アクションをし続けることで見つけるしかない

この人、仕事人生楽しんでるなっていう人から出てくる共通の言葉

「ひょんなことからこうなっちゃった」

「ひょんなこと」を逃すな

好きと好奇心のパワーから生まれるものは理屈を凌駕する

これから人間がしていく人工知能に代替されない仕事

対人関係を駆使して即興的に働く仕事=人と関わりながら何かを生み出す仕事

そんな仕事をするときに一番必要なこと

Being

その人がどんな人間であるか?

誠実か?フェアか?共感できるか?

Beingを磨くには、成長のための鏡を持つこと

フィードバックを受けること

耳の痛いアドバイスをくれる人に感謝

「こうありたい」を考えることが得意でない人は多い

ありたいを考えること

Why do?

Why now?

Why me?

心の成長痛(葛藤や違和感)を大切にしよう

モヤモヤしない、違和感ゼロ、悩み無しは危険

成長するためには2つだけ

舞台に上がり、スポットライトを浴びろ

その中で一生懸命なりたいものを演じろ

演じた先にあるものにしか自分はなれない

わかるからやるのではなく

やってみるからわかる

行動は先、全体像が見えるのは後

一度きりの人生、道を踏み外しましょう(笑)

「本当の自分」は永遠に「かりそめの自分」なんだと思うよ

くたばるときにわかりましょう

ここに書いたのは、ほんの一部だけど

言葉の一言一言が…刺さる、憧れる

PAGE TOP