『チ。ー地球の運動についてー』と『推しの子』

まぁ、何とも言えない感情が生まれるこういう漫画、好んで読む

『チ。ー地球の運動についてー』

地動説がテーマだけど、天文学の知識を学ぶ的なものではなく。

「地動説と天動説とどちらが正しいか」ではなく

「どちらが美しいか」と宇宙の真理を語り合う。

「美しい」という言葉を軸にした価値観的討論。

本当好きだわ。こういうの。

心に残った言葉。

「信じて間違ってたらどうするんですか?」

「構わない。不正解は無意味を意味しない。」

「そんな人生怖くはないのですか?」

「怖い。だが、怖くない人生などその本質を欠く。」

「訳もわからん物に熱中して命すら投げる。

そんな状態を”狂気”と言うとは思わないのか?!」

「確かに。でもそんなものを、”愛”とも言えそうです。」

そしてもう1冊。

『推しの子』

こちらは自分からは選ばないタイプの漫画。

子どもたちが「これ、はやってるよ」というので買ってみたが…

(予想外に)面白い!

芸能界のお話ですが、色々深い。

転生系が好きな人にもオススメ(息子が大好き)

「私なんて元々無責任で、どうしようも無い人間だし

人を愛するってよく分からないから、

私は代わりに皆が喜んでくれるようなきれいな嘘を吐いてきた。」

「いつか嘘が本当になる事を願って頑張って、努力して、全力で嘘を吐いてたよ。

私にとって嘘は愛。

私なりのやり方で愛を伝えてたつもりだよ。」

どっちも、根底に愛だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP