外国人労働者とのコミュニケーションの秘訣

今日研修中にご質問をいただいた

「職場に外国人の方が多いんですが、どうコミュニケーションをとればいいですか?」

まず、外国人労働者が抱く不満について。(日本で働く外国人の意識調査より)

1.男女が平等に扱われていない

2.「阿吽の呼吸」といった直接的でないコミュニケーション

3.遠回しな言い方がわかりにくい

4.外国人に対する差別がある

5.上司とのコミュニケーションがとりにくい

では、外国人労働者とどうコミュニケーションをとればいいのか?

まず、口頭だけではなくジェスチャーやツールを使って伝えること。

実際に実演しながら教えることも有効なコミュニケーションの一つ。

そして日本の価値観を押し付けず、文化の違いを理解する。

「日本では、こうしなければならない!」ではなく

「私たちは、こういう理念で働いている」と伝える。

また、空気を読まなくてはいけないような遠回しな言い方は避ける。

かえって誤解を与えたり、混乱させたりしてしまう。

これらのことって、外国人労働者に対してだけではないよね。

多様な価値観を持つ人を受け入れる社会の実現は

人に優しい社会への第一歩。

みんな違ってあたりまえ。

写真は最近定番のカフェセット。

朝7時から9時半までの2時間半はゴールデンタイム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP