学生が聞きたい会社の魅力

人事担当者が、採用資料をつくるときに

けっこう力を入れがちな「理念」「業界の特徴」「当社の製品」

これ、あんまり学生は興味ない。

学生が興味があるのは「自分」に関連すること。

例えば「実際の仕事内容」「社風」「給与水準」「福利厚生」「求める人物像」

<自分は>どんな環境でどんな仕事をするの?

<自分は>いくら給料がもらえて、どんな福利厚生が受けれるの?

<自分が>この会社に入るには、どうしたらいいの?

人事担当者が言いたいことではなくて、

学生が聞きたいことを伝える。

個人的に学生が「福利厚生」とか「休日」のことを聞いてくると

「やる気ないなー」って思ってたけど。

そんな時代じゃないですね。

みーんな自分が大好き。

それで良い。

美内すずえ先生の「アマテラス」

早速読みました!

面白い。

そして、深い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP