好きなお話し

自分が好きなお話しが、他の人の口から出てくると嬉しくなる。

今朝は大森猛法人レクチャラーのご講話。

『朝から元気な会社カナコムです。〜毎朝の活力朝礼から始まる〜』

草場一壽先生の文章も絵画も、この世のものと思えないほどの美しさ。

絵本『みらいへ』より。

10代遡ると1,024人、20代遡ると1,048,576人のご先祖様。

みんなどこかで繋がっている。

森信三先生の職場再建の三原則。

「時を守り、場を清め、礼を正す」

どれも社会人としては当たり前のこと。

時間や期限を守り、掃除や整理整頓をし、挨拶や返事をする。

「当たり前のことをバカにせず、ちゃんとする!」

いつも若い子たちに言い続けている。

稲盛和夫先生の仕事観。

「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」

考え方にはマイナス百点からプラス百点までの大きな振れ幅。

考え方がマイナスだと、能力があればあるほど、熱意が強ければ強いほど

大きなマイナスという無惨な結果となる。

その正しい考え方とは。

『働き方』の188Pより。

つねに前向きで、建設的であること。

みんなと一緒に仕事をしようと考える協調性を持っていること。

明るい思いを抱いていること。

肯定的であること。

善意に満ちていること。

思いやりがあって、優しいこと。

真面目で、正直で、努力家であること。

利己的ではなく、強欲ではないこと。

「足るを知る」心を持っていること。

そして、感謝の心を持っていること。

何度読んだかわからないこれらの本。

やっぱり私は、学び続けている人、哲学をもった人が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP