2020
09.20

そうだ 京都、行こう。

メッセージ

半年ぶり?の県外、京都へ!

朝7時の誰もいない晴明神社からスタート。

それから和香菜さんで着物のレンタルをして祇園を散策。

スタッフさんが優しくて可愛くて、とっても素敵❤

最後には嬉しいハガキをいただきました^ – ^

ありがとうございます!

八坂神社へ。

フォトジェニックな写真を撮るために八坂庚申堂へ。

八坂神社から徒歩10分くらい。

飾られているのは「くくり猿」というお守りです。

欲望のままに行動する猿を動けないようにくくりつけ、

欲に走らないよう人間を戒めているもの。

 

その「くくり猿」に願いを込め、

欲をひとつ我慢すれば願いを叶えてくれると。

 

その情報を後で知ったので、我慢することも決めずに

欲望むき出しの願いごとを書いてきました。

 

八坂の塔で、通りすがりの男性に写真をお願いしたら

奥さんが「私のが上手だから私が撮る!」と撮影してくれて。

おっしゃる通り、本当に上手(´∀`)

今年の年賀状は、これにします!

 

高台寺に寄って「ねねの道」を歩きながら駐車場へ。

次は京都最古の禅寺「建仁寺」へ。

「大いなるかな、心や」

人のこころは本来自由で大らかなもの。

自らの心を見つめなおす場。

 

金澤翔子さんの「風神雷神」の書を見た瞬間に

娘が「翔子ちゃんの字だー」と。

写真の書は「拈華微笑(ねんげみしょう)」

仏の教えは言葉ではなく、心から心へと伝わっていくということ。

建仁寺の◯△︎□の庭。

お土産を買うときに店員さんに意味を訊いたら、

◯は水、△は火、︎□は地。

宇宙に存在する全ての物質はこの◯△︎□に分類することができて

この庭で宇宙の全てを表しているとのこと。

 

私たちは社会の「常識」という四角の中に囲まれて生きている。

そこで悩み、人によって価値観の違う「常識」という概念にがんじがらめにされながら、

生きにくい世の中だと嘆いている。

 

「まる」は宇宙そのものであり

「まる」は状況に応じて、変幻自在にその姿をかえ、心のうちを表す。

 

「まる」にとらわれた心では、「まる」を描くことはできないし、

真理も見失ってしまう。

 

とらわれのない自由で大らかな心で、明日からも過ごしたいなーと。

 

やっぱり旅行はいいな。

京都の町も、帰りの高速も(昼2時頃出発)大渋滞でした。

★★★YouTube『女性社労士チャンネル』はこちらから★★★

 

助成金に関心のある経営者の方は、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

社会保険労務士事務所「サン&ムーン」
代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/