2020
07.06

R2.9.1より複数就業者への労災保険給付が変わります!

社労士

令和2年9月1日から、複数の会社等に雇用されている労働者の方々(複数就業者)への労災保険給付が変わります。

ポイントは、次の2点。

●賃金額を合算して保険給付額等を決定。

現 行:
災害が発生した勤務先の賃金額のみを基礎に給付額等を決定

改正後:
すべての勤務先の賃金額を合算した額を基礎に給付額等を決定
〈補足〉対象となる給付は、休業(補償)給付、遺族(補償)給付、障害(補償)給付など

 

●負荷(労働時間やストレス等)を総合的に評価。

現 行:
それぞれの勤務先ごとに負荷(労働時間やストレス等)を個別に評価して労災認定できるかどうかを判断

改正後:
それぞれの勤務先ごとに負荷(労働時間やストレス等)を個別に評価して労災認定できない場合は、すべての勤務先の負荷(労働時間やストレス等)を総合的に評価して労災認定できるかどうかを判断
〈補足〉対象疾病は、脳・心臓疾患や精神障害など

 

兼業・副業が当たり前の社会へ。

その準備は法律面でも着々と進んでいます。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

<労働者災害補償保険法の改正について~複数の会社等で働かれている方への保険給付が変わります~>https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/rousai/rousaihukugyou.html

 

 

★★★YouTube『女性社労士チャンネル』はこちらから★★★

 

助成金に関心のある経営者の方は、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

社会保険労務士事務所「サン&ムーン」
代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/