人間が自由に生きる道

7月号の致知を読んでいて。

司馬遷の『史記』のお話が。

 

横山光輝さんが大好きで漫画にはまっていて。

7巻「韓信の股くぐり」の話も好き。

 

司馬遷の描く人物を通して

私たちはよりよく生きる「道」や「徳」を学ぶ。

 

一方「法律」はそれぞれの安心や社会の秩序を守るためのルール。

人々の行動を禁止しコントロールするもの。

 

法による制限が強くなっていく前漢の時代に生きた司馬遷からの

正しい「道」や「徳」を知ることが

法による支配から「人間が自由に生きる道」だというメッセージ。

 

大きく社会が変化する中で。

 

働くことが人生の中心の人もいれば

自分の自由時間を大切にしたい人もいる。

 

それぞれの人にそれぞれの考え方があることを

お互いに尊重しながら

自分の信念や選択に従って生きる自由。

 

その個人の自由を尊重しあう社会。

 

そこにはやっぱり「法律」だけではなくて

「人間学」が不可欠だと私は思う。

★★★YouTube『女性社労士チャンネル』はこちらから★★★

 

助成金に関心のある経営者さまは、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP