致知の記事 中村哲医師のこと

毎月致知が届くと、

みんな木鶏会で、どの記事を選ぶんだろう?

と楽しみに思う。

 

「鞠躬尽力(きっきゅうじんりょく)」という特集で

中村哲医師のことが書かれていて。

 

アフガニスタンで30年以上にわたり

医療・農業支援に取り組まれた方。

 

中村先生の本に書かれたこの言葉が心に残っていて。

「三度の食事が得られること、

自分のふるさとで家族仲良く暮らせること、

この二つを叶えてやれば戦はなくなる」

 

今の〈当たり前〉がいかにありがたいか…

 

現地の方々のために覚悟をもって

志に沿って

誰もしない道を切り拓いていかれた中村先生。

 

その姿を見続けていた長男健さんの葬儀での言葉。

 

「私自身が父から学んだことは、

家族はもちろん人の思いを大切にすること、

物事において本当に必要なことを見極めること、

そして必要なことは、

一生懸命行うということです。

 

この先の人生において自分が幾つになっても

父から学んだことをいつも心に残し、

生きていきたいと思います。」

 

すでに他界している私の父がいつも言ってた言葉。

「一番最期に自分の人生がわかる」

 

モノをどれだけ得たかより

どう生きたか。

 

目の前に困っている人がいるから手を差し伸べる。

常に全力なんだけど、決して力むことなく、

淡々としてあるがまま。

 

ありたい姿そのもの。

(スケールは違いすぎますが 笑)

 

相手の立場に立ち

相手の価値観を尊重し

お客さまのために働く。

 

そんな自分であり続けられるよう。

 

最近は会う方、会う方に

「顧問先をご紹介ください」と泣きついています。

 

西三河、東三河の10名〜20名規模の企業で社労士を探している方を。

どうぞご紹介ください^ – ^

★★★YouTube『女性社労士チャンネル』はこちらから★★★

 

助成金に関心のある経営者さまは、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP