2020
01.30

自分が与えられたように人に与える

社員教育の話

自己中心の考えは

「人間は万物の霊長である」という慢心の結果。

 

自分が最高と考え、

自分以外は目に入らない生き方。

 

慢心は愛なきところから起こる。

 

自分のもつ愛の飢餓感と不足感が

一人だけで生きているという慢心を起こす。

 

人は誰もが<自分>が一番いとおしい。

けれどもちょっとだけ相手を思いやる。

 

助けられた者は人を助け、

励まされた者は人を励ます。

 

自己の立場と他人の立場を入れ替えて考える大きさを持つ。

 

私にできることは<人間力>という曖昧な言葉を

明確に言語化、そして行動に変えるお手伝い。

 

尊敬する先輩経営者の

「ここまで10年かかった」の一言は<希望>を与えてくださいます。

 

10年続けてみたら私もカタチにできるかも。

そんな期待を抱かせてくれるから。

 

人は自分が与えられたように人に与える。

 

上司に慢心があれば、部下は即座に見抜く。

企業は利益組織だから、

たとえ上司の本心を見抜いても

自分に利益があれば同調する。

 

同調しても同意はしないから組織は動かない。

 

心と行動に裏腹があれば人は従わない。

 

『言行一致』

まず自分から^ – ^

助成金に関心のある経営者さまは、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools