2020
01.16

テレワークのシステム AIで何が分析できるのか?

社労士

テレワークのシステム的なことが聞きたくてセミナーへ。

 

今日はNTTさんがみえており

「働き方みえ〜る」について。

働き方改革にあたっても、テレワーク導入にあたっても。

業務の<視える化>は必須。

経営者が、個々の従業員が何をしているのかわかっていないことは多いが、実は本人もわかっていなかったりする。

 

1人で同じ仕事を抱えていると担当者にしかわからない業務が増える。

それは組織にとってのリスク。

 

現状の勤務実態を把握する上でAIの活用。

 

AIで何が分析できるのか?

 

パソコンのログをとることで、繰り返し作業を抽出。

繰り返し&定例業務はAIが最も得意とするところ。

ロボットでできる定型作業を洗い出してくれる。

 

そしてPCでの作業時間分析。

同じことをしていても早い人と遅い人がいる。

早い人のノウハウを遅い人に共有することが目的。

 

さらに印刷作業もどのファイルを誰が何枚印刷しているか明確に。

 

セキュリティ状況の把握もUSB等のファイルコピーの履歴も完全に<視える化>。

 

3月末まで無料で使えるとのこと。

 

知らない情報を聞きに行くことも<好き>

それをまとめることも<好き>

何よりそれを伝えて「そうなんだ〜!」と喜んでもらえることも<大好き>

 

指示書や受注管理、通勤費算定等のデモを見せていただきましたが。

人間がするよりも何倍も早く正確。

帰りにセットしておいたら、朝には完成。

 

誰でもやれる仕事はテクノロジーに任せて。

 

<好き>を仕事にできる新しい時代^ – ^

助成金に関心のある経営者さまは、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools