2020
01.06

テレワークの可能性

社労士

ワークライフバランスは「仕事と家庭の調和」

ダイバーシティは「個人個人の違いを尊重し受け入れる多様性」

テレワークは「場所や時間に縛られない柔軟な働き方」

 

それぞれに

人の生き方

社会のあり方

そしてこれらを実現する働き方

を示す。

 

 

ワークライフバランスも、ダイバーシティも

余裕のある大企業が、社員の福利厚生や企業のイメージ向上のために取り組んでいるだけ。

そう捉える人もいるが、そうではない。

 

日経HR社による「働き方改革」に関する意識調査によると

転職活動で応募する企業を選ぶとき転職志望度が上がる制度は

1.副業・兼業の解禁

2.テレワーク(在宅勤務含む)

3.有給休暇取得の促進

 

「テレワーク」とは

ICTを使った場所や時間にとらわれない柔軟な働き方。

 

今後増加するであろう介護離職などに備え、今から優秀な人材が働き続けられるよう環境を整備する。

そうすることでコスト削減、生産性向上、危機管理ができる。

 

在宅勤務はテレワークの一つの形だが、

いまだに「在宅勤務」と聞くと

主婦が家事の合間にするアルバイトをイメージする方もいるが、そうではない。

 

在宅勤務は企業に雇用されながら家で働くこと。

国の調査によると、企業が在宅勤務を導入しない一番の理由が

「在宅勤務できる仕事がないから」

 

わざわざ在宅でできる仕事を作り出すのではなく、

ICTを活用し、企業が、そして働く人が努力することで

いつもの仕事が職場を離れていてもできるよう、今ある仕事のやり方を変える。

 

明日は在宅勤務が企業を救う理由についてお伝えしたい。

 

助成金に関心のある経営者さまは、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools