2019
11.07

新卒採用 中堅・中小企業もインターンシップ重視

採用の話

日本経済新聞の記事より。

大学3年生の3月に説明会、4年生の6月に選考解禁を定めた就職活動に関する経団連ルールが2021年採用からなくなり、政府主導に切り替わる。

政府は21、22年採用は同じルールを踏襲するとしているが、実態はスケジュールの前倒しが進み、中堅・中小企業には厳しい採用活動が続いている。

そこで大企業を中心に行われてきたインターンシップを実施し、早い段階で学生と接点を持つ中堅・中小企業が増えている。

新卒採用 中堅・中小もインターンシップ重視

 

売り手市場が続く中、もはや形式的なインターンシップでは、かえって学生の失望を招く。

 

会社や仕事を理解してもらうのにインターンシップはとても有効。

しかし、真剣に取り組めば人手や費用がかかる。

 

日常業務に追われる現場の受け入れ体制をつくることも難しい。

 

しかし入社後のミスマッチを思えば、取り組む価値は非常に大きい。

 

経営者がどれだけインターンシップを重視するか。

そこに採用活動の成否がかかっている。


助成金に関心のある経営者さまは、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools