モチベーションストッパー上司 その2

昨日の続き。

4人目

「アンドロイド型」

部下をスキルで操作し、頭でコントロールしようとするタイプ。

好きな研修は「ロジカルシンキング」

フレームワークをたくさんご存知。

 

5人目

「スワット型」

「自分は優秀な部下しかいらない。ダメなやつはどんなに頑張ってもダメだ!」

と言い切る。

そもそも優秀な人はマネジメントしなくても勝手に育つ。

自分にリーダー力がないということには気づこうとしない。

 

昨日と合わせて以上の5人。

 

これらの上司は部下にとって困った存在なだけでなく、会社にとっても…

上記のような上司は短期的には成果・業績を出せる。

実績が悪ければすぐに管理職としてのリーダーシップ能力を会社から問われるが、モチベーションストッパー上司は成果を出せる。

そうなると会社側はその状態を容認してしまう。

たとえ部下から悪い評判を聞いたとしても。

「いろんなやり方があるから」

以上。

 

表面上の数字は伸ばすが、見えないところで確実に人と組織をダメにする恐れをはらむ上司。

5年後、10年後の会社を支えるのは誰か?

今日から掛川^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP