多様化する労働契約のルールに関する検討会の資料より

令和3年11月12日開催の「多様化する労働契約のルールに関する検討会 第9回」の資料が公表されています。

多様な正社員の雇用ルール等に関する論点を整理した資料が公表されており、今回は特に、多様な正社員の限定の内容の明示など、雇用ルールの明確化がテーマとなっています。

個人的に、みんな多様な正社員が増えることを希望してるんじゃない?と思ってた私は「希望することがない」が74%を占めていたことに驚いた。

理由としては、

・賃金が低下する

・勤務を限定すると、キャリア設計も限定される

・職務を限定し専門性を向上させても、それに見合った額の賃金が払われない

価値ではなく、労働時間=賃金という構造の弊害か。

詳しくはこちら↓

<多様化する労働契約のルールに関する検討会 第9回/資料>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_22131.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP