令和2年 転職者実態調査の概況

厚生労働省から、「令和2年 転職者実態調査の概況」が公表されています。

これによると、令和元年10月1日~令和2年9月30日に転職した者について、転職後の勤め先を「満足」、「やや満足」とした割合は計53.4%。一方、転職後の勤務先を「不満」、「やや不満」のとした割合は計11.4%。
その差で表す「満足度指数」は、42.0ポイントとなっています。
なお、「満足度指数」を男女別に見ると、男性の46.5ポイントに対し、女性は35.9ポイントとなっています。

その他、転職者が直前の勤め先を離職した主な理由や、転職者が現在の勤め先を選んだ理由などについても個人調査が行われています。

人材の定着や人材の確保を図ろうとする企業においては、一読しておきたい内容です。

詳しくはこちら↓
<令和2年 転職者実態調査の概況>
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/6-18c-r02.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP