コロナ後の新しい社会の開拓

内閣官房から、令和3年10月26日に開催された

「新しい資本主義実現会議(第1回)」の資料が公表されています。

今回の会議で、「成長と分配の好循環」ならびに「コロナ後の新しい社会の開拓」

というコンセプトの下に、我が国の新しい資本主義のビジョンと、

その具体化に向けた議論が開始されました。

厚生労働大臣からは、会議の後、次のようなコメントがありました。

  • 労働分配の原資を稼ぎ出す成長の実現に向けては、労働生産性を高め、付加価値を創出していくということが非常に重要である。
  • 子ども、若者、女性、高齢者など、多様な主体が育ちや職業訓練や学び直しなどの機会を通じて、人生100年時代の中で自分自身の希望に応じていつでも新たな挑戦ができること。また、キャリアアップができるように取り組んでいく必要がある。
  • 多様な人材が労働参加して、その能力を最大限発揮していただくようにするために、就労環境や労働市場の整備にも取り組んでいく。

他国より圧倒的に低い無形資産への投資(知識・技術、人的資本等)対GDP比。

詳しくはこちら↓

<新しい資本主義実現会議(第1回)議事次第(内閣官房)

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/atarashii_sihonsyugi/kaigi/dai1/gijisidai.html

<厚生労働大臣会見概要(令和3年10月26日)>

https://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/0000194708_00388.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP