コロナで採用内定取消し124人

厚生労働省から、令和3年3月卒の就職予定者のうち、

内定取消しとなったり、入職(入社)時期が延期(繰下げ)となった人の状況が公表されています。

8月末現在で

・内定取消しとなった学生数→136(124)人・37(25)事業所

・入職時期が繰下げとなった学生数→157(154)人・14(11)事業所

 (令和2年3月新卒については、1,310(1,308)人・93(91)事業所

※( )はコロナが原因とされているもの

採用内定取消し者数は、昨年春卒と比べ減少しているが、

コロナ禍前と比べると4倍近い水準。

ちょうど先日10月の正式採用内定に向けて人事側が注意すべきこと

に関する記事の執筆を依頼されて書いたんですが。

内定取り消しは解雇に相当し、客観的で合理的な理由がない場合は無効。

もし内定取り消し等にあった場合、

ハローワークの新卒者対象の窓口で相談を受け付けています。

取り消された136人中、99人は他企業への就職が決まっているとのこと。

詳しくはこちら↓

<令和3年3月新卒者内定取消し等の状況を公表します>
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00026.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP