続けること『ブラックサンダー物語』

今朝も52名で始まった伝統と新しい風 西三河のパワースポット

岡崎市倫理法人会 経営者モーニングセミナー。

一社)倫理研究所 河合伴治スーパーバイザーのご講話。

『ブラックサンダー物語』

人と一緒に働くとは、目線を合わせて共に悲しみ、喜ぶことにある。

理でなく、恐怖でなく、情で人は動く。

人を責めると苦しむのは自分。

今苦しいのは自分のせい。

だったら人を責めるのはやめよう。

結局自分が変わらないと何も変わらない。

新設した大きな工場を見たとき

「これを使って多くの人を、地域を幸せに」と天が自分たちに預けたと。

宇宙の意思と調和することで、天地が味方してくれる。

人間関係をつくる方法。

親に頭が下げられない人間が、どうして他人に頭を下げられようか。

今があるのは、誰のおかげか。

対立の原理。

相反する性質のものが向かい合っている状態を「対立」

それが一つに合わさることを「合一」

その結果、新しいものが生み出されることが「生成」

苦難が起きたとき、何が調和してないのかな?と考える。

好き嫌いをしてないか、不足の心はないか。

事業を継続するために絶対外してはいけないのは「夫婦愛和」

物をつくることはできる。どうしたら売れるのか。

ブラックサンダーは今から25年前に開発された商品。

生協から大学生に広まったことも、セブンイレブンに置かれるようになったことも、

体操の内村航平が、ブラックサンダーが大好物だったことも。

ずっと投げ続けているから繋がる日がやってくる。

先週お休みだったので、やっぱり毎週のこの時間、大事だなーと改めて。

いつも私たちのことをよく見てくださっている片岡さんのシェア会での

メッセージもみんなに伝えたいなーと思って記しています。

真悟さんの撮ってくださるみんなの写真も、温かくてとても好き。

今朝も「亜矢子さんの投稿楽しみ」とお声がけいただき、嬉しかったー(*^ω^*)

できることをコツコツ継続。

志同じくする仲間がいるから続けられる。

本日も貴重な時間共有をありがとうございました!

↑ベストポジションで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP