「ポストコロナ」時代におけるテレワーク

「ポストコロナ」時代におけるテレワークに関し、

目指すべき「日本型テレワーク」に関する提言書が公表されています。

継続的なテレワークを希望する労働者は多いが、

特に中高年の管理職の間には、

同じ場所と時間を共有する大部屋主義、対面主義、暗黙知等の利点を過度に意識し、

テレワークへの不信感(バイアス)が根強く残っている。

コロナで十分な準備もないままテレワークを導入した結果として

生産性が低下したと感じる労働者も多い。

ワクチン接種が進むにつれ、なし崩し的に出社が増え、

これまで同様テレワークが定着しない可能性が高いと危惧されている。

テレワークの目的は時間の有効活用。

どんな状況にあっても社会と繋がり続けられる社会は優しいと思う。

 
詳しくはこちら↓
<「『ポストコロナ』時代におけるテレワークの在り方検討タスクフォース」提言書の公表>
 https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000320.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP