有期労働契約に関する実態調査より

厚生労働省から「有期労働契約に関する実態調査」の調査結果が公表されています。

この中に「無期転換ルール」のことが盛り込まれており。

「無期転換ルール」とは、有期雇用の人が同じ会社で5年間契約更新された場合、

<本人からの申し出があれば>無期雇用に転換できる制度。

平成30年度・平成31年度合算で「無期転換ルールによる無期転換を申込む権利が生じた人」のうち、「無期転換を申込む権利を行使した人」の割合は「27.8%」

企業規模が小さいほど、その割合は少なくなっています。

そもそもこのルールを知っている人の割合は「38.5%」

知ってても、それを言える環境にあるかどうかは、また別だけど。

<「令和2年有期労働契約に関する実態調査(事業所調査)」及び「令和3年有期労働契約に関する実態調査(個人調査)」の調査結果の公表について>
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/172.html

無期転換ルールについてはこちら↓

<有期契約労働者の無期転換ポータルサイト>
https://muki.mhlw.go.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP