不安を、ワクワクに変えよう。

中谷彰宏先生著『不安を、ワクワクに変えよう。』より。

「社員に自己肯定感を持たせると、うぬぼれになってしまいませんか?」

と心配する経営者がいる。

会社の中にいる

①上級者

②中級者

③初級者

のうち、うぬぼれを感じやすいのは中級者。

会社の中で、経営者と現場のスタッフは危機感を持っていても、

真ん中の中間管理職は一番危機感を持ちにくい。

「大変だ、大変だ」と言うわりに、自己変革をあまり起こさない。

世の中がどんなに変革しようとも、自分たちは守られていると信じているからだろうか。

(逃げ切れると思っているからだろうか。)

目の前のものにしがみつこうとする。

うぬぼれは、「私はもうできている。だからもういい。」と考えること。

それに対し自己肯定感とは、「私はもうできている。明日はもっとうまくできる。」と考えること。

「私はもうできている」という達成感を感じないと不安になる。

ここにプラスで「明日はもっとうまくすることができる」

そんな自己効力感を加えることで、明日へのワクワクへつなげる。

学ぶことで価値がわかる。

自分が行動して体感するからこそ、

その人の言葉の重みも凄さもわかる。

学び多き日々に感謝。

「私、成長してるわー」って感覚は

何よりの安心感(*^ω^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP