『苦難福門!苦境に打ち勝つ経営の要諦』

今朝も37名朝礼、そして50名の方にご参加いただいた

伝統と新しい風、西三河のパワースポット岡崎市倫理法人会。

嬉しい入会式から始まりました!

名古屋市南区倫理法人会 亀井英孝監査のご講話。

『苦難福門!苦境に打ち勝つ経営の要諦』

善因楽果

悪因苦果

良いことをすれば、良いことが起こるし、

逆もまた然り。

わかってるのに、なぜ悪い方へ?

つい手間で面倒なことを避けたくなるから。

そこにストップの号令を出してくれる「苦難」

「自覚せよ」との天の叱声。

そもそも自分に背負えない課題はやってこない。

だから「よし、何でも来い!」と喜んで立ち向かう。

物は使われるために、価値を生み出すために生まれてくる。

だから使える人、価値を生み出す人の元へ流れる。

中小企業の強みは、大きなマーケットを必要としないこと。

好きで得意でできることに絞れる。

イキイキ、ワクワク、ドキドキの方向へ。

何がしたいか?

今一度、業界の原点、商品・サービスの原点、そして自社・創業の原点に立ち戻る。

具体的な数字のお話もふまえて教えてくださり、

とても勉強になりました。

亀井先生、ありがとうございます!

本日も貴重な時間をご共有してくださり、感謝です(*^ω^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP