他の人材に取って代わられない存在に

大杉潤さん著『定年ひとり起業』

最近、本屋に行くとやたら「お金」がテーマの本が

平積みにされてるな。

数年前「老後資金2,000万円問題」なんてことも話題になったけど。

年金の上手な受け取り方(繰り下げや加給年金のこともふまえ)

もとってもわかりやすく書かれています。

そろそろ役職定年でモヤモヤっとしてる方にとって

「希望」を見せてもらえる本だなーと。

「好きなこと」と「得意なこと」が重なる「専門性」を見つけて、

それが「社会に役立つこと」になるまで継続すること。

結果が出なくても楽しいことだから、続けられる。

この本に書かれているキャリアの考え方、

自分らしく働きたいママにもオススメ。

長く稼ぎ続けたいので、

「他の人材に取って代わられない存在に」なることを

常に考えて仕事をしているけれど。

絶対に代わりがきかないのは

子どもたちの母親という役割。

だから家族を守りながら…は大前提。(こっちが子どもたちに守られている気もするが)

最後に書かれていた「定年ひとり起業」に踏み出す勇気が持てない人への

とっておきのメッセージ。

私もいずれそうしたい!!

激しく共感(*^ω^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP