みんなが幸せであること

今朝も45名で嬉しい入会式から始まった

伝統と新しい風、西三河のパワースポット 岡崎市倫理法人会。

小牧市倫理法人会 横地伸泰相談役のご講話。

『倫理と出会い人生が180度激変!〜倫理指導の威力〜』

栞を読んで、人の体験を聴いて、倫理指導を受けて、

気づく。

どうして苦難がくるか?

あなたの心の問題。

苦難と困難の違い。

「苦難」とは心身の苦しみ。

「困難」とはやり遂げることが難しいこと。

「苦難を乗り越える」とは苦しみを乗り越えること。

「困難を乗り越える」とは難しさを乗り越えること。

だから、乗り越えられない苦難は来ない。

起きた現実は、捉え方ひとつ。

自分一人が成り上がる「成功」ではなく「成倖」を。

「成倖」とはみんなが幸せになること。

「倖せ」とは人と交わることで感じること。

だから志を同じくする仲間と共に。

みんなが「やれば、できる!」「人の喜び我が喜びに!」

って言ってたら、日本は変わる。

今私たちが幸せなのは、命の根元(もと)である両親の徳積みのおかげ。

何かしてもらってからの「ありがとう」(←お礼)だけでなく

目の前の当たり前に感謝を。

「人の為」とかいて「偽り」

人の為にと力んで行い、その心が相手に通じなければ

「せっかくしてやったのに」と愚痴が出る。

一人のワガママから不幸が、一人のスナオからみんなの幸せが生まれる。

人の為とか、自分の為とかを通り越して

自分にできる限りのことをした結果、

自分とその周りの人たちが幸せであること。

全て、ひとつながりだな。

今朝は夫婦愛和のご夫婦が3組もみえて(*^ω^*)

帰りがけ、お互いに「自分じゃなくて奥さんが素晴らしいんです!」と言い合い。

ごちそうさまですww

今日も物心共に幸せに。

本日も貴重なお時間をご共有いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP