『説明の技術 見るだけノート』

最近「わかりやすさ」とは何だろう?

と考える中で見つけたこの本。

本当にわかりやすい!

「説明が下手な人」の特徴↓

「内容」もしくは「表現」が整理できていない。

「内容」→相手も自分と同じ情報や感覚を持っていると思い込み、

伝えるべき情報があいまいになっている。

「そもそも何の話?」

「表現」→相手と自分の立場の違い、距離感が見えておらず

TPOにそぐわない表現や言葉遣いになっている。

「君はどこの国の人?」

なるほどなー。

この抽象的な言葉を具体的に落とした表現は

すぐにメモするクセがあるんだけど、

この本はどれもこれも秀逸。

例えば「熱意を感じさせる3つのポイント」

①<どっぷり>1つのことに集中して取り組む

②<わざわざ>普通ならしないようなことをやる

③<自分で>誰かに言われなくても自分で判断してやる

「そこまでやるのか!」と相手を感嘆させた時、

それが1つの強い説得力となる。

他にも「本気を伝える3つの秘訣」とか

相手を動かすために知っておきたい要素が盛りだくさん!

オススメです(*^ω^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP