大学生の就職内定率過去2番目の下げ幅

令和3(2021)年3月大学等卒業者の就職状況が公表されています。(令和3年5月18日公表)

大学生の就職内定率は、前年同期より2.0ポイント減少し96.0%。

下げ幅については、リーマン・ショックの影響を受けた

平成22(2010)3月卒の前年同期比3.9ポイント減少に次ぐ、

過去2番目の下げ幅。

事業主に対しては、若者雇用促進法に基づく指針を踏まえ、

既卒者が卒業後少なくとも3年間は「新卒枠」に応募できるよう

引き続き周知徹底を図っていくとのこと。

詳しくはこちら↓
令和3年3月大学等卒業者の就職状況を公表します(厚労省・文科省)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP