感謝必福

今朝も40名で嬉しい入会式から始まった

伝統と新しい風 西三河のパワースポット岡崎市倫理法人会。

愛知県倫理法人会 長谷川三千子 後継者倫理塾運営委員長のご講話。

『第十八条 感謝必福 パートⅢ』

「自分さえよければ」「人間さえよければ」

そんな生き方そのものが問われている今。

いつも太陽のような笑顔で接してくださる三千子運営委員長。

「要物必与」

必要なものが、必要なときに、必要なタイミングで入ってくる。

実践を通して得た経験談の中から、多くの気づきをいただきました。

シェア会では「感謝」がテーマの感想がいっぱいで。

目の前の感謝に気づき、伝える、

そんな優しさに溢れたひとときでした。

たとえ何の力もなくても、

目の前の大切な人に寄り添うことはできる。

たとえ外部環境がどう変化しようとも

私たちは前を向いて進んでいく。

日々、三千子運営委員長のような明朗・愛和で過ごしたいなーと。

エゴではない、調和への祈り。

今朝も貴重な時間共有のひとときをありがとうございました(*^ω^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP