ほとんど読まないジャンルの本

普段しないことをしてみようと、

娘からずっと薦められていた本『推し、燃ゆ』を読んだ。

芥川賞受賞は知ってるし、本屋さんでもよく見るけれど。

どうも「仕事の何かに役に立つ」以外の本を読むことが億劫で。

いちいち「何でこの本が売れているのか」

みたいな考えが頭をよぎるので、娘のように純粋に感動できず。

「推し」がいる娘にとっては、めちゃくちゃ共感だったらしい。

この「推し」活動は、私にはよく分からないんだけど。。

職場で「みんなと同じであれ」という見えない圧力を受ける中。

自分をその考えに馴染ませることができないもどかしさから

色んなセミナーに通いまくっていたことも、似たようなもんかな。

セミナーに通う」という行為によって、何とか自分の心に光を灯していたんだと。

今は承認や肯定をしてくれる方々が周りにいてくださり、

自分らしさを伸び伸びと発揮できる環境にいて。

当時のモヤモヤした気持ちは、忘れかけてるんだけど。

自分の能力をうまく発揮できる場所がなく

周りに否定され、居場所がないと感じている人が多いんだとしたら。

環境は選べる。

価値観を同じくする方々との出会いが人生を大きく変えてくれる。

っていつも思う。

人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。

しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。

(森信三先生の言葉)

結局自分の好きなジャンルが着地になるわ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP