選択的週休3日制を導入するなど働きながら学べる環境を整備すべき

令和3年4月13日に首相官邸において開催された

「令和3年 第4回 経済財政諮問会議」の資料が公表されています。
 
今回の議事の一つ、人材への投資(ヒューマン・ニューディール)。 
 
従業員の学び直しへの支援を強化するため、

選択的週休3日制を導入するなど働きながら学べる環境を整備すべきと。
 

 詳しくはこちら↓
令和3年 第4回 経済財政諮問会議/資料

新しい流れに対応することが必要とわかっていながらも、

ついつい目の前のことを優先で後回し。

あらかじめ時間を確保しないと取り組めないのが

重要だけど緊急ではないこと。

自律的なキャリア形成のため、40歳を視野にキャリアの棚卸。

会社の看板がなくても

「私これができます!」

と自信をもって言える仕事が一つ欲しかった。

でも、一つ手に入れたら、次の一つが欲しくなるからキリがない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP