評価面談の前に自己評価をする意味とは?

評価面談の前に自己評価をする意味。

人事考課における自己評価は「自分はこれだけのことをしました!」

とアピールをする機会。

時に「自分で自分を評価すること」が苦手だという方がみえますが、

上司はあなたが思ってるほど、あなたのことを見ていない。

だから「私はこんなことを考えて、こんな行動をして、こんな結果を出したんです!」

と明確に伝えることは必須。

とはいえ、最終評価は<相手が>決めるもの。

自分がどんなに頑張ったと思っていても、

相手(お客様や上司)が頑張ったと感じなかったなら、それが全て。

自分の評価と相手の評価に差があるんだとしたら、

その差が何かを知ることが大切で。

その差を埋めるためにどうすればいいか、訊いて学ぶ。

当然、上司側はその差を明確に説明する必要がある。

言葉にすること。

伝え合うこと。

そこから逃げてはいけない。

主人は、やたらとアピールしたがりな私を図々しいと思っているようで、

謙虚さを身につけた方がいいと言いますが。。

みんなが笑顔で「らしく」「長く」働ける社会をつくりたい。

そんな風に思っている<私が>ここにいます!ってことをアピールしなければ

誰にも届かないし、何も変わらない。

思ってるだけでは、現実は変わらない。

だから伝わりきるまで、伝え続ける。

今日、いつも読んでるよ〜とお声がけいただき、嬉しかったです(*^ω^*)

毎朝、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP