やまのぶ流倫理経営のすすめ

豊田市中央倫理法人会の山中浩晃会長のご講話。

やまのぶ流倫理経営のすすめ パート2』

今日は宮瀬参事の85歳のお誕生日祝からのスタート。

(おかざき嬢で写真を撮る予定だったので、華やかな服を着てみた)

倫理歴36年!

これからも共に学ばせていただきます。

今日もたくさんの気づきをいただきました。

調子の良いときに苦難の種を蒔いている。

それも自分の得意分野で。

その逆境が次の自分をつくる。

倫理は順番、順序が大事。

出すことが先。

会社が大きくなるとき、同じ方向を向いていく意識づけには

毎週、毎日、定期的に言葉のシャワーを浴びること。

「挨拶・返事・笑顔」を磨くことで人生は変わる。

リーダーは普通の人が5年、10年かけて行うことを

10分で変える力を持っている。

まず自分から。

「すなおさ」は性格ではなく、能力。

磨けば伸びる(*^ω^*)

本日も貴重な時間共有をありがとうございました。

たくさんの心に響くメッセージに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP