職務評価セミナーに参加して

今日、職務評価セミナーに参加した。

職務評価は人事評価とは異なり、同一労働同一賃金を達成するために

正社員とパートさんの職務内容を分析する方法のひとつ。

要素別点数法という方法の評価項目として挙げられていたのが

(もちろん各企業に応じてカスタマイズ可)

①人材代替性 代わりの人材を探すのが難しい仕事か

②革新性 現在の方法とは全く異なる新しい方法が求められる仕事か

③専門性 仕事を進める上で特殊なスキルや技能が必要な仕事か

④裁量性 従業員の裁量に任せる仕事か

⑤対人関係の複雑さ(社外) 仕事を行う上で、社外の取引先や顧客、部門外との調整が多い仕事か

⑥対人関係の複雑さ(社内) 仕事を進める上で部門内の人材との調整が多い仕事か

⑦問題解決の困難度 職務に関する課題を調査・抽出し解決につなげる仕事か

⑧経営への影響度 会社全体の業績に大きく影響する仕事か

これらの項目に対してウエイト(評価項目の重要度)とスケール(役割レベル)を

掛け合わせてポイント化する。

詳しくはこちら↓

『職務評価を用いた基本給の点検・検討マニュアル』

中小企業において給与として出せる原資が限られている以上。

あちらを立てれば、こちらが立たず。。

どこも厳しい。

写真はjamminさんのネイル。

人気店でなかなか予約がとれず。

とってもお気に入りです♪

いつもありがとうございます(*^ω^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP