識学の安藤広大氏著『リーダーの仮面』

この本のめくってすぐに書かれている

「素顔」のままで、疲れ果てるか。

「仮面」をかぶり、生まれ変わるか。

このフレーズ、心が動くなー。

こういうキャッチコピーが思いつきたい!と思いながら。

部下育成、管理職研修でよく「その役割を演じてください」とお伝えします。

そうすると、中には反発される方もいて。

「演じてていいんですか?それは嘘ではないですか?」と。。

『リーダーの仮面』の中では、それを「仮面をかぶる」と表現されていますが。

「演じる」も同じこと。

本音だけの1対1の人間としての付き合いを、

全員とすることは不可能。

そんな「自分らしさ」は、家族や子ども、親友の前だけで十分。

というか、全員に同じように接していたら、会社、家庭、引いては社会も成立しない。

私たちはペルソナ(仮面)を使い分けて、人間関係の問題をなくしている。

仮面はあなたを守るもの。

人間関係の衝突をなくす盾となり、他人からの攻撃を受け流してくれる。

仮面をかぶって仕事を進めて人から嫌われても

それはあなたの人格が否定されたわけではない。

いちいち落ち込む必要はない。

家族に接しているような顔で仕事に出向いたら。。

次の依頼はないな 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP