令和4年3月高校・中学新卒者のハローワーク求人における求人・求職・就職内定状況(9月末現在)

厚生労働省から、令和4年3月高校・中学新卒者のハローワーク求人における求人・求職・就職内定状況(9月末現在)が公表されています。

●高校新卒者

・就職内定率:62.0%で、前年10月差2.2ポイントの低下

・就職内定者数:約8万6千人で、前年10月比12.4%の減少

・求人数:約36万9千人で、同0.3%の減少

・求職者数:約13万8千人で、同9.2%の減少

・求人倍率:2.66倍で、前年10月差0.23ポイントの上昇

高校新卒者について、企業の求人数が前年10月より減少しており、求職者数も前年10月より減少しています。

コロナ禍の長期化で、企業は、サービス業を中心に採用意欲の回復に遅れがでており、高校新卒者は、経済の先行きに不安を感じて進学に切り替える動きがある、などと分析されています。

詳しくはこちら↓

<令和4年3月高校・中学新卒者のハローワーク求人における求人・求職・就職内定状況を公表します(9月末現在)>
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00029.html

1日おきにアップしている就活生向け動画。

北野唯我さんの『転職の思考法』について話しています。

これは、転職を考えているからではなく、

これからの自身のキャリアを考える上で必要な考え方だと私は思ってます。

ぜひご覧ください。

『23卒キャリアプラン 重要な考え方』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP