新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況

厚生労働省から、新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況について公表されています。

ポイントは、次のとおりです。

●令和2年度における新規学卒就職者の離職率は例年に比べ低下。

●就職後3年以内の離職率は、新規高卒就職者は36.9%、新規大卒就職者は31.2%。

令和2年度はコロナ禍の真っ只中だったので、転職を控える方が多かったのかもしれません。

なお、同省は、新卒応援ハローワークなどで、引き続き離職した学生生徒に対する相談・支援を行っていくこととしています。

詳しくはこちら↓

<新規学卒就職者の離職状況を公表します(令和3年10月22日)>
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00004.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP