リトさんとお話しできました!嬉しい(*^ω^*)

田原市博物館にて昨日から開催されている

『リト@葉っぱ切り絵ー1枚の葉っぱで表現する世界ー』

1枚の葉っぱから作られるこの世界観が大好き。

デザインももちろん、タイトルも本当に温かい。

リトさんの言葉↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

魚を食べる時、僕は骨を取るのに夢中になりすぎて

よく親に怒られた。

食事の中ではそれはただの悪い癖、変なこだわりかもしれないけど、

こんな小さなこだわりの中に

「やるからにはとことん集中する」という強みが隠れていた事に

ようやく気付いた。

弱みは裏返せば「才能」になる。

ADHDにとって、一人でいる事はすごく気楽で生きやすい。

約束の時間に遅れて相手を困らせる事も無いし、

場の空気を悪くすることも無いし、

迷惑をかけて怒られる心配も無い。

僕はこれまで発達障害の専門書を7冊読んだけど、

どれも障害の特性を抑えながら

何とか周りとうまくやっていく方法ばかり書かれてて、

その方法はどれも失敗した。

「人付き合いを減らす方法」を教えてくれた方が

よほど安心して生きられると思うんだけど、

そういう事を書いた専門書は一冊も無いんだよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相手の気持ちやわずかな違和感も必要以上に感じる私にとって。

それを「克服する課題」ではなく、「良いもの」としてとらえてくれる社会は優しい。

自分を肯定するって難しい。

でもきっと、みんな誰かから羨ましがられる何かを持ってる。

人の背中を見続けるより、自分自身を見つめることを。

みんなが笑顔でらしく長く働ける社会って

こういうこと。

「こうしたい」という思いを何よりも大切にして。

「こうしたい」という思いを一つひとつ叶えようと行動することで

「私はこれが好き」「こうしたい」という自分の軸が太くなっていく。

自分の軸が太くなるにつれ相手の感情や意見に左右されにくくなり、

人の中でもラクに過ごせるようになる。

リトさんのご活躍から日々パワーをいただいているファンの一人より。

リトさんのインスタ、ぜひご覧ください!

https://www.instagram.com/lito_leafart/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP