お兄ちゃんの夏が終わりました

柔道の阿部兄妹、大野選手、高藤選手の金メダルに感動の中。

お兄ちゃんの中学校柔道愛知県大会、1回戦敗退。

「相手が強すぎたわー」とのこと。

何かに必死で打ち込んでいる姿はカッコいいし、

見ていて心が動く。

(オリンピック選手の話で、お兄ちゃんはそこそこww)

オリンピックの大舞台に挑むプレッシャーを察して

小嶋監督が阿部詩選手に渡したのが

『365人の仕事の教科書』(致知出版社)で、

日本柔道界を引っ張った山下泰裕氏や篠原信一氏の話が

深く心に響いたと。

「指導を取られて審判が悪いと言ったとしても負けは負けだ、と。

強さが必要だと書いてあった。

誤審も何もないぐらい、

絶対的に圧倒的に強ければいいと思った。」

「この言葉、やばくない?!どう思う?」と前のめりの私に

息子は「特に何も思いません」

以上。

写真は西三河大会の時の賞状。

高校になったら「関節技?」というのが出てきて怖いから

もう柔道はしたくないらしい

お兄ちゃんらしいわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP