あきらめない

岡崎市倫理法人会のお仲間、荒木信広さんのお母さまである

荒木京子さんのご講話。

今朝も33名朝礼、50名でのスタートでした!

心の中に悲しみや苦しみがあっても

笑うことを、信じることを、生きることをあきらめない。

子どもの笑顔がエネルギー。

この宝を何があっても守る。

母にできるのは、温かくて美味しいご飯をつくること。

常に笑っていること。

何があっても子どもを信じていること。

子どもに手をかけすぎるのではなく、

自分は自分のすべきことをする。

子どもの生きる力を信じる。

のぶさんからお母さまへ

「命をかけて守ってくれた母です。心の底から尊敬できる母です。」

との言葉。

そして、自分の人生に意味があったと、良い人生だったと思ってほしい

との真摯な想い。

お母さまの最後の

「今は生きることが楽しくて、幸せいっぱい」

という笑顔いっぱいの言葉が本当に温かくて。

遥々箱根からお越しくださり、

エネルギーいっぱいのご講話をありがとうございました(*^ω^*)

今朝も共に時間共有させていただけたことに、心から感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP