キャリアコンサルタントの技能講習

今日はキャリアコンサルタントの技能講習。

写真は当時のテキスト。

他人のことはよく見えるけど、自分のことはよく見えない。

<目標>とか<こうありたい!>それは結構言葉にしやすいけれど

自分が<元々持っているもの>とか、<すでにそうある自分>

ここは言語化しにくい。

(自分にとって当たり前だから)

そこが言葉になって肚落ちすると、とっても楽です。

ブレなくなるから。

今日も3時間半、自分の小中学校の頃の出来事を

グループでシェアし続けて、最終的にいただいたフィードバックから導き出した

自分の<金の糸>

*<金の糸>…自分にとって何より大切で大事にしたい価値あるもの

「強さ」と「調和」

これは、こうありたい!というより、すでに自分が持っているもの。

「誰かのために」という気持ちが人一倍あっても

強くないと実現できないというのは昔から感じていて。

そして多分元々(メンタルが)強い。

もう一つ私にとってめちゃくちゃ大事なのが「調和」

この「調和」がとれない関係性が本当に無理。

「一歩引いたところで全体を見て、

グループメンバーに合わせて、自分の出し方を変えている」

って今日グループの方が言ってくれたんだけど、

それが私にとっての自然な姿。

「自分が、自分が!」に、私は違和感を感じてしまう。

私たちは生まれてから今まで色んな経験をしてきて、

その中で振り返ったときに生き生きと思い出せることというのは

何らかの価値であり、その人らしさが隠れているところ。

自分の経験を繋ぐ一本の糸。

これに沿って動いていると無理がないから楽です。

偶然同じグループだった方が、元金融機関に勤めていて

その中でのもどかしさを「わかるー」と思いながら 笑

時に、自分の人生を客観的に見る時間。

大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP