2月18日付東海愛知新聞「コロナ禍の採用活動とは」

本日付の東海愛知新聞さん。

コロナ禍の採用活動について書かせていただきました。

オンラインでコミュニケーションをとることは

直接会うよりも偏りがちで難しい。

日常感じるのは、オンラインだと第一声を出すのに躊躇するということ。

お互いにコミュニケーションをとっていいんだって関係性をつくるのが第一ステップ。

なので、採用面接官の方々へ向けての研修では

うなづきの練習や、笑顔の練習をします。

そんなこと?って思うかもしれないけど、意外とできていない。

わざとらしいなーってくらいで、ちょうどいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP