何歳まで働ける環境?

厚生労働省から、「令和2年「高年齢者の雇用状況」集計結果(6月1日現在)」が

公表されています。

高年齢者雇用安定法で、高年齢者が年齢に関わりなく働き続けることができるよう

・「定年制の廃止」

・「定年の引上げ」

・「継続雇用制度の導入」

のいずれかの措置を講じるよう義務付けられている現状の中。

細かいデータは厚労省のHPをご覧いただければと思うので、

ざっくりですが(アンケートに答えた従業員数31人以上企業のうち)

65歳までの高年齢者雇用確保措置のある企業は99.9%

65歳定年企業は18.4%

66歳以上も働ける制度のある企業は33.4%

詳しくはこちら↓

<令和2年「高年齢者の雇用状況」集計結果を公表します>

令和3年4月1日からは、高年齢者雇用安定法の改正により、

70歳までの就業機会の確保が企業の努力義務に。

これから、ますます65歳以上も働けるという会社は増えていくんだろうけど。

私たちには、「年金をアテにせず、生涯働け」というメッセージに聞こえます。

苦手なことは、本当に頑張れない。

得意なことを最大限伸ばして、稼ぐ力を。

写真は久々に会った「たろちゃんち」のたろちゃん。

していることは違っても、結局目指すところは同じ。

明るく、仲良く、楽しく働く。

お互いの価値観を認め合いながら、

長所を最大限に発揮し、短所は他人の出番。

みんなが得意分野を持ち寄って満たされる社会を目指す。

それが許される社会を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP