採用面接で訊いてはいけないこと

大手菓子メーカーがアルバイトの採用面接で、

応募者に体重やウエスト、既往歴などを書面で尋ねていたという報道が出ました。

メーカー側の言い分としては、

制服のサイズ確認のため、小麦アレルギー等ないか、あらかじめ確認するため等ありましたが、

職業安定法に抵触する恐れがあるとして、

ハローワークの行政指導が入り、質問の書面は廃止に。

採用面接で訊いてはいけないと決められていることは意外とあって。

昔「それもダメなの?」と思った項目が結構あります。

例えば「尊敬する人は誰ですか?」

→思想・信条・人生観などは個人の自由であるべき事項のためNG。

「何人家族ですか?」「両親、兄弟の仕事内容は?」

→家族の話は本人が業務する上で関係がない。

本人に責任のない事項はNG。

「結婚・出産しても仕事を続けたいと思いますか?」

→本人の適性や能力に関係ないのでNG。

男女雇用機会均等法に抵触する恐れあり。

採用側としては、本人を見極めるために、

会社の未来を考える上で、ちょっと訊いておきたくなる内容ですが。

基本的に本人の適性・能力と関係のない質問をすることはアウトです。

ご注意ください。

すっかり日常が戻ってきました。

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。

きっと、あっという間に4月だな。

目の前のことを淡々と。

継続は力なり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP