一喜一憂

思わず頭に浮かんだ「一喜一憂」という言葉。

意味を調べた。

ちょっとしたことで、喜んだり不安になったりすること。

また、周りの状況に振り回されること。

二人の子どもの個別懇談会。

本当に様々な感情を味合わせてくれます^ – ^

娘の可愛い絵。

息子とのツーショット(懇談会前)

懇談会後、この感情をどうしたもんかと

「子は親の心を実演する名優である」を読んだ。

最後の3行。

親たちは上べを飾り、人前をつくって上品に暮らしていても、

子供たちは、堂々と、つつみかくしなく、親の心を実演する。

グサッと刺さり、笑えてきた。

人事評価制度シリーズの2回目。

『気づかないうちに「困った人」になってしまうのはなぜ?』

ご覧いただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP