リーダーの易経

今日は一日新入社員のフォロー研修。

前向きで明るくてしっかり自分をもっている優秀な人材ばかり。

その中で、ちょっと志の話をしたんだけど、

彼らにぜひ読んでほしいと思う、もう何度読んだかわからない大好きな本。

竹村亞希子先生の書かれる易経の本は最高です。

『リーダーの易経』

龍の話は、今の時期だからこそ読んでほしい。

夢と志の違い。

人生が楽しくなるので夢は持っていた方がいい。

でも、夢は結果的に実現しなくてもいいもの。

志はもっと厳しく、必ず実現させようと固い決意をするもの。

できる、できないではなく、必ずそれをやり遂げるという信念。

まだ力もなく、何も形になっていない、人に認められない時に、

自分だけは自分自身を認め、確信しなさい。

そして底力を養いなさい。

人は相手を見て態度を変えるもの。

肩書きも何もないときは、時に見下されることもある。

嘘偽りのない、人の本性や心根に触れることができる。

これが後に「人を見る目」になる。

中には、人によって態度を変えない人もいる。

そういう心根に触れて「こういう人になりたい」と思う。

そこで思いやりの大切さや、人への応対を学ぶ。

龍にとって大切なことは、自分の優秀さに甘んじないこと。

その力がなぜ与えられているのか。

それは、世の中の役に立つためであり、世の中をより良くするため。

短時間で得たものは手に残らず、長期にわたり積み重ねて得たものは必ず残る。

「成長したい」と真っ直ぐな目で話を聴いてくれる皆さんとの出会いがエネルギーの源です。

ありがとう。

4年前の竹村先生との写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP