弁論の心得

昨日は事務所で社会保険のセミナー動画の撮影をしていて、今日はリアル研修。

以前と比べてリアル研修が半減し、オンラインが増えた。

内容も社労士として話すことが増えたので、淡々と説明しがち。

その方が<素>なので楽なんだけど、いつも読み返す文章。

丸山敏雄先生の「弁論の心得」

1.思うことを素直に、大胆に、明瞭に語ること

2.人に気がねしたり、人の思惑を考えたり、その結果をくよくよ考えたりしないこと

3.語ることは人の知識を豊富にし、意志を強固にし、感情を豊かにするものであるから、大いに語ること

4.人の真心を語ることによって融和し、協同し、相敬愛するに至るものであるから己の真実を語るようにせよ

結局はその人の人柄に帰する。

うまく話そうと欲を起こすと失敗する。

いかに経験を重ねて自己の中みを高めていくか。

そこに魅力ある話の源泉がある。

(『丸山敏雄伝』より)

やっぱり対話型の研修が好きで、その力をつけたい。

「そこに微塵の欲望もあってはいけない。」とあるが…

遠い境地だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP