「道」の秋号 三輪明宏さんの2013年の対談

「道」の秋号に美輪明宏さんの2013年の対談が掲載されていて。

美輪さんの本は、我が家にたくさん。

以前、舞台を見に行って涙が止まらなかったことも覚えています。

 

人間は動物として生まれてきて、

教育されて人になっていく。

 

理想的な形は、いかなる天変地異が起きようが、

常に冷静沈着でいられて、

「結果」「原因」「途中の経緯」を一瞬にして

全部筋立てて見ることができ、

結論をすばやく引き出して平静でいられるということ。

 

だから、感情にまかせている間は獣のままで、

非常に稚拙な人間。

 

日本の宝物の教育であった修身教育。

戦前は「恥」を教えていた。

 

人に嫌がらせをしたり、痛い目に合わせるようなことをする人間は

人間の中で最低で、一番の恥だということを小さい頃から教えこんでいた。

 

ところが、そんな誇りをなくしてしまい、

いじめる方が正義で、いじめられる方が弱くてダサいという価値観に

すり替えられた。

 

そう考える人の人数が多ければ、

それが正しいこととなってしまう社会の中で。

 

目の前の人を大切にし、思いやりをもって接するという価値は不変だと、私は思う。

 

親しき仲にも礼儀あり。

たとえ親子であっても腹六部で。

お互いの意思を尊重し、相手の心に土足で踏み込まない。

 

そっくりな親子。

彼らには、どうしても甘えてしまう。

★★★YouTube『女性社労士チャンネル』はこちらから★★★

 

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

社会保険労務士事務所「サン&ムーン」
代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP