2020
10.13

同一労働同一賃金に関する最高裁判決

社労士

今日出た同一労働同一賃金に関する最高裁判所の判決。

*同一労働同一賃金…企業内で正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の<不合理な>待遇差解消を目指すもの

 

今年4月から大企業でスタートしていて(中小企業は来年から)

それ以来、初の最高裁判決ということで注目されていた。

 

1つはアルバイト職員が、ボーナスが支給されないのは不合理な格差だと訴えた件。

大阪高裁では6割支給すべきだと判断されたのに対し、

最高裁では、賞与がない労働条件について「不合理な格差に当たらない」と判断。

 

もう1つは元契約社員が、退職金が支給されないのは不合理な格差だと訴えた件。

東京高裁では正社員の4分の1は支給すべきと判断したのに対し、

最高裁では、退職金がない労働条件について「不合理な格差に当たらない」と判断。

 

いやはや何とも…

<同一労働同一賃金特集ページ(厚労省)>

★★★YouTube『女性社労士チャンネル』はこちらから★★★

 

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

社会保険労務士事務所「サン&ムーン」
代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/