得意な研修

ロープレが一番得意。

 

事務担当のAさんに営業のヘルプを頼んだら

営業の面白さに目覚めてしまい、今度は事務がおろそかになったケース。

 

私がAさん役。

受講者が上司役。

 

「Aさんにまずは営業を頑張ってくれていることを褒めて

その上で事務仕事もちゃんとこなすように指導してください。」

 

そんな説明をしても伝わらないので実践。

上司として、あれこれ言ってもらい私が切り返す。

 

人によって投げかけてくる言葉は全く違う。

 

上司役「営業を頑張ってくれていることはありがたいんだけど、本業である事務をおろそかにしないように…」

私「もともと営業のヘルプを頼んできたのは会社側ですよね?」

上司役「…」

 

「…けど、」とか「でも、」はあまり耳心地が良くない。

一気に話さず、言葉はなるべく短く切り、相手のYesをもらいながら対話をする。

 

些細な言葉の使い回しや癖は、人から指摘されないと気づかない。

自分でも体感をして、人の応対も見て聴いて訓練。

大勢の人の前で話すときは練習する人も、

なぜか1対1で叱るときの練習はあらかじめしない。

準備が9割。

 

全員と直接ロープレできるとかなり変わる。

なかなかそこまで少人数でできることは少ないですが。

 

一方的に話す研修はとても苦手。

相手が知りたいことも聴きたいことも一方通行では見えてこない。

 

 

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP