2019
08.15

組織と個人の理想的な関係

キャリアの話

会社に忠実に尽くし、真面目に継続的に働き続ける人に対して

退職金を含めて一生の雇用を保障する終身雇用が一般的だったのは

ひと昔前。

 

企業が流動的な存在になり、

終身雇用を保障しづらくなった代わりに保障するものは

「就業可能性」

 

今、企業が個人に求めるものは

employability「雇用され得る能力」

 

その人がどれだけの能力を有していて

会社にどれくらい貢献できるのか。

それが採用と雇用の基準。

 

働く人に求められる「個人のキャリア自立」

キャリア研修では個人のキャリアビジョン、やりたいこと、

夢や目標をみつけましょうと言いますが。。

 

会社という組織の中で働く以上、

社員一人ひとりが「これがやりたい」というだけでは立ちいかない。

 

そこで必要なのが「共鳴」

企業のビジョンと個人のビジョンを共鳴させていくことが必要。

 

それができるのは経営者であり管理職。

「今より条件のいいところ」

は探せばいくらでもある社会の中で。

 

共鳴させるために必要なのは「人間力」

人間力のある人とは?

 

 

また明日お伝えします。


気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools